格安航空券で旅行へ行こう

せっかくのお休みだから海外旅行に行きたい。けれどお金に余裕がない。せっかくに旅行だけどなるべく旅費を安く済ませたい。そんな時に航空券をどれだけ安く手に入れられるかで旅行費用は大きく変わってきます。物価の高い日本で生活している私たちは、海外に行ってもホテルの価格や食事の価格は変わりません。むしろ日本より安いところの方が多いくらいです。
ではなぜ海外旅行の敷居が高いかというと、それは航空券にお金がかかるからです。
インターネットの普及した現代では自分で少しでも安い券を探し出し購入することができるのです。
各航空会社のHPから購入するタイプや、旅行会社が販売するタイプなどがあります。
ここで役に立つのが比較サイトです。旅行日時と行先そして人数などを検索条件に入力するとインターネット上で購入できる航空券を見つけることができるのです。そしてリアルタイムに空席情報も見れたりと旅行直前でも有効です。
しかし注意しなければならないのは、払い戻しが不可であったり、経路の変更ができないなど自由が制限されている事が多いということです。値段と引き換えに自由を差し出すことになりますが、トラブルさえなければ必要のないサービスとも考えられます。最安値は必ずネットにありますのでこまめに検索して見つけ出すことが必要です。

早期予約でお得になる航空券

飛行機のチケットの購入に関して、早期割引を行っているところが非常に多いです。航空会社としては、早めに座席を確保したいということがあります。航空会社によって、もちろん割引率やもともとのチケットの価格が異なるので、しっかりとした準備をチケット購入の前にしておくことが重要となります。全日空と日本航空の両方の航空会社のチケットを組み合わせて使っても、早期割引のキャンペーンに申し込める、というサービスを実施している会社もあります。早期予約をすれば発券手数料がかからない会社も非常に多くなっているので、やはり海外旅行に行くのであれば、なるべく早めに航空券の予約を済ませておいた方がお得です。

例えば、2か月ほど前から予約しておけば、一定の条件を満たすことによって航空券の80パーセントくらい安くなることがあります。航空会社のウェブサイトをチェックしておくと、いつまでに予約しておくと何パーセント割り引かれるのかが、わかりやすくなっています。空席照会もやりやすくなっているので、航空会社の公式ホームページからチケットを買うのもお勧めです。早期割引を実施している会社は多いので、割引の名称を覚えておくこともかなり重要と言うことができます。

 

ポイントを貯めて航空券をゲット

チケットを購入する方法はかなり多くあります。お金を無駄にしないためにも、以下のことを知っておくとよいです。

特にお勧めなのがJALのポイントサービス「eJALポイント特典」を利用して国内線及び国際線の航空券に交換できるというものです。日本航空のサービスである「JALマイレージバンク」の日本地区会員のみこの特典に申し込むことができます。航空券だけでなく国内外のツアーに交換もできます。eポイントには有効期限があるので、その期限内に航空券などに交換しておくと良いです。ポイントを交換してから一年以内にそのポイントを使うことを求められます。

HISという旅行代理店でもポイントを使って飛行機のチケットに交換することができます。国内や海外旅行に行ったり、旅行先でショッピングしたしさいにポイントを貯めて、チケットに交換できるというわけです。HISオンライン予約で上記の申し込みをしたり、レンタカーの申し込みをするということが重要です。お金を使うことによって獲得できるポイント数が時期などによって異なるので、そこには注意しながらポイントを貯めることをお勧めします。ポンタというポイントサービスとHISが提携して、上記のサービスを行っています。