航空券を無くすとどうなるのか。

飛行機に乗る場合、航空券がないと乗ることができません。もし、紛失してしまったならば、航空会社にまず相談しなければなりませんので、連絡を行い、その旨を伝えます。航空券を購入する際、本人についての情報を登録しているので、その検索作業に入ることとなります。
そして、本人が購入していたことが分かった場合、無くしてしまったチケットが有効なチケットであれば、代替チケットを発券する音になります。しかし、本人が購入したことが確認できなければ、新たにチケットの購入することになります。
なお、代替チケットを発行する手数料には、請求料がありますので、支払うこととなります。また、補償同意書の書類の記入したものを提出することになります。
万が一、無くなったチケットを発見した場合、搭乗日から1年と30日以内のものであれば、チケットと補償同意書を、空港会社に提出を行い、定期性であるかどうかの審査を行い、有効なものであれば、指定の手数料を差し引いた運賃額が払い戻されることになります。
また、クレジットでチケットを購入していたのであれば、使用したクレジットカードが必要となります。航空券を無くしてしまうと、あとあと面倒なことになるので、無くさないようにしたいものです。

航空券に書いてある意外な事実

「航空」券は「搭乗券」とは違う飛行機乗る権利の証券である。
航空券には区間や座席等級が記載されていますが搭乗日や座席番号は記載されていません。
予約やチェックインをしてこの航空券を提示することによって搭乗券が発行されますが、この発行された搭乗券に記載されます。飛行機に乗る時自動改札機に通す券が搭乗券です。この2枚の券を混同される方も多いようですが両者は明確に違います。少し硬い言い方かもしれませんが「航空」券は有価証券的なものです。それに対して搭乗券は「航空」券によって得られた成果物です。最近ではこの2枚を合体させた券もあります。そのためテレビ番組で見られるハワイ旅行往復券プレゼント当選者が仮にそれを獲得してすぐに飛行機に乗れるわけではないのです。獲得した航空券で予約等の手続のプロセスを踏んで初めて飛行機でご出発なのです。い方を変えるとその券は有効期間内なら使用できるのです。券には飛行機の便などの指定がされていませんので、有効期限までに都合のいい時に使用すればいいわけです。解かる方なら新幹線の回数券とよく似ているとお考えください。新幹線回数券も乗車までに列車と席指定を受けて乗車しますので使いかたとしては同じです。ただし、飛行機には自由席や立ち席はありません、念のため。

 

航空券のデザインを比較してみた。

旅行などで飛行機に乗るときには航空券を買わないといけないですがどのようなところでこのような航空券を買うことができるのかというと、飛行場やネットで買い物をすることができます。
このようなチケットはその日にも買うことができますが先に買うことができる所もあります。このような所ではどのくらい前から買うことができるのかというと、3ヶ月前などから買うことができます。
このような所ではネットを使ってチケットを買うとスマートフォンをもっていくとチケットをもっていく必要がないので便利です。
このような飛行機のチケットの支払いは何ですることができるのかというと、飛行場であれば現金でかうことができますしネットでの支払いの場合はクレジットカードを使って支払いをすることができます。
このような所の利用をしなくてもチケットを買うことができる所があります。それはどのような所なのかというと、旅行の会社で旅行の申し込みをすると飛行機や新幹線のチケットがついている所もあります。
このような所では何かわからないことがあればパソコンなどのネットにつなぐことができる者であればメールなどで聞くこともできますし、電話でも聞くことができます。

今は、パソコンさえあれば、予約もできてしまいます。このようなサイトには、格安で買える航空券も、多数紹介されているので、お勧めです。

 

航空券をどこにしまうのか

旅行をするのに飛行機を使う機会が多くなりました。昔は時間に追われるビジネスマンが多かったのですが、今は帰省で子供を連れた家族から、お年寄りの団体旅行や連休を利用した熟年夫婦までさまざまです。
小学校の低学年が一人で乗るケースなども見かけられます。空港まで親が連れてきてスチュアーデスに頼んで、到着する空港におじぃちゃん・おばあちゃんが迎えにきて出迎えるといったものです。何せ、飛行機は乗ってしまえば迷子になることはありませんし、短時間の飛行ですから子供の一人旅でも安心なのです。
このように一般的な乗り物になりましたので、航空券をどこにしまっておくかも様々です。
乗り慣れているサラリーマンは、乗船の時に取り出しやすいように胸のポケットに差しているのが多く、乗船してから座席の番号を確認するのにも便利です。乗り慣れていないお年寄りなどは、財布の中や内ポケットにしまい込んでいる人もおります。飛行機の乗船アナウンスは15分前くらいにありますので、案内があればそれぞれ航空券を取りだす動作が一斉に行われ、片手に持って立ち上がる風景が空港らしさです。
いずれにしても、座席が指定のため確認をするのに手に持って乗りこみ、座ってしまえば座席前のポケットなどに入れておきます。

 

航空券は旅の思い出となる。

みなさんは飛行機に乗ったときの航空券はどうしていますか?もしかしたら必要ないので、飛行機から降りた瞬間に捨ててしまう人もいるかもしれません。でも航空券も旅の大切な思い出の一つです。個人的には旅行中に撮った写真と合わせて、アルバムに保管しておくことにしています。行き先や日時が入っており、写真と合わせることで、いつ頃どこで撮った写真か分かり易くなります。また後で思い出すときにも役に立ちます。
友達の結婚式に行ったとき、家族で旅行をしたとき、初めて海外に行ったときなど、航空券を見ると「あのとき飛行機に乗り遅れそうになって空港までみんなで慌てて走って行ったなあ」など笑い話も鮮明に思い出がよみがえります。飛行機に乗っている間も楽しかった旅の一部なんですよね。
しかし最近はチケットレスのサービスもあって、携帯電話の画面を提示するだけで飛行機に乗れる時代です。インターネットで事前に予約しておけばチケットを購入する必要もなく、当日空港に向かえばいいだけですから大変便利です。ペーパーレスで航空会社にとっても、環境にも優しいです。しかし毎回大切に保管している私にとっては、全く無くなってしまうのも少し寂しいですね。